赤ちゃん 夜泣き


夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に急に泣き出すことを言います。

 

夜泣きは主に生後6ヶ月から1歳6ヶ月頃まで続きます。

 

夜泣きがひどい赤ちゃんだと泣き止んで寝かしつけても、しばらくするとまた起きて泣いてしまい
朝までの間に何度もくりかえす事があります。

 

なので、寝かしつけるママはその度に赤ちゃんに起こされてしまうのでとても大変です。

 

ここではそんな、なかなか泣き止まない赤ちゃんのあやし方について紹介したいと思います。

 

夜中に赤ちゃんが泣きだしたら、まずはチェックする事。

 

夜中に赤ちゃんが泣きだしたらまずはオムツが濡れていないかチェックをしましょう。

夜中におしっこをして、気持ち悪くて泣いているかもしれないので、まずはオムツをチェックしてあげましょう。

 

服が濡れていないかチェックしましょう。

赤ちゃんはとても体の代謝が高いので、汗っかきです。
寝ているあいだにたくさんの汗をかいて気持ち悪くて泣いているかもしれません。

 

もし汗をたくさんかいている様なら、服を着替えさせてあげましょう。

 

喉が渇いた・お腹がすいたのかも?

赤ちゃんも、私たちと同じで喉が渇いたりお腹がすいたりします。
夜中にもし喉が渇いても自分では何もできませんので、泣いてしまいます。

 

もしオムツや服が問題内容なら授乳してあげましょう。

 

体をさすってあげましょう

もしかすると汗をかいた事で体の一部かかゆくなっているのかもしれません。
やさしく体をさすって上げる事で治まるかもしれません。

 

 

それでも赤ちゃんが泣き止まなけい時は、どうすればいい?

いろいろ試してみたけど、夜泣きが止まらない時はどうすればよいのか?

 

もしかすると上記で書いた事が原因で、興奮しているのかもしれません。
抱っこをしながら背中をトン・トンと優しくたたきながら
ゆっくり揺らしてあやしてあげましょう。

 

他にも子守歌などを歌ってあげてもいいです。

 

 

他に夜泣きに効果的な方法はないの?

 

私の娘に効果があった、とっておきの夜泣き対策方法があります。

 

私の娘は、この方法でだんだん夜泣きが減少していき、今ではぐっすり眠れる様になりました。

 

>>1歳4ヶ月の娘に効果があった、とっておきの夜泣き対策方法を見に行く

page top