海外 夜泣き対処方法

 

日本では、赤ちゃんが泣きだすと必死で泣き止ませるのが一般的です。

 

 

・赤ちゃんが心配でほっておけない

 

 

・ご近所に鳴き声が聞こえているのではないか?

 

 

・旦那の睡眠を妨げると、仕事に差し支える

 

 

・ご近所で悪いうわさが流れるのでは?

 

 

など、理由は様々あると思います。

 

 

子育てをする上で、夜泣きは避けては通れません。

 

 

では、海外のママやパパは夜泣きの時どうしているのでしょう?

 

調べて分かった日本とは違う、驚きの夜泣き対処法とは!?

 

海外のママやパパが行っている、驚きの夜泣き対処方法とは

 

 

海外では、赤ちゃんが夜泣きをすると愛情をもってそれを放置する文化があります。

 

 

え...?  愛情のある放置?

 

と思われた方は多いと思います。

 

 

私もこの方法を聞いた時にはとても驚きました。

 

 

では、その真相についてお話をしていきたいと思います。

 

 

海外では、赤ちゃんの夜泣きは

 

 

赤ちゃんがまだうまく眠る事がうまくできない事でおこると考えられています。

 

 

なので、放置する事は、赤ちゃんが自分の力で眠る事ができるようになるトレーニングと考えられているからです。

 

 

では、その具体的な方法について紹介します。

 

海外の夜泣き対策方法

 

 

海外では赤ちゃんのトレーニングのために、夜泣きを放置する習慣があります。

 

 

しかし、ただ放置するだけではありません。

 

 

愛情ある、海外の夜泣きトレーニング方法について説明します。

 

 

赤ちゃんが夜泣きをしたら5分〜10分ほど様子を見ます
※完全に無視するのではなく、観察しながら様子をみます。

 

 

もし、泣き止む気配がなければオムツのチェックや汗をかいていないかなど

 

 

赤ちゃんの不安を取り除いてあげます。

 

 

そして、再び近くで見守ってあげます

 

 

海外では、これらを繰り返すことで、赤ちゃんが一人で眠れるようになると考えられています。

 

 

日本の赤ちゃんでも同じ方法で夜泣きは解消されるの?

 

 

基本どこの国でも赤ちゃんは同じですので、もちろん同じ効果は期待できます。

 

 

しかし、日本は海外と違い建物が密集しているので

 

 

夜泣きを放置する事で、ご近所さんに怒られてしまう恐れがあります。

 

 

もし海外の夜泣き対処方法をためすときは、自身の身の回りの環境を考えて判断して下さい。

 

 

>>1歳4ヶ月の娘に効果があった、とっておきの夜泣き対策方法を見に行く

page top